世界が注目する卒業生

穴吹デザイン専門学校の卒業生であり、当校の非常勤講師である谷尻誠氏。現役建築家でもある谷尻氏は、数多くの独創的な建築物を創りだし、その作品の一つひとつは機能的で美しい。建築に関する数々の賞を受賞し、多くのメディアが取り上げる世界が注目する若手建築デザイナーの一人である。谷尻氏の自由で奇抜な発想や既成概念にとらわれないモノづくりへの姿勢は、建築業界に携わる人々のみならず、デザインを目指す学生達へ与える影響は大きい。そんな谷尻氏のデザインへの姿勢や取り組み、考え方を取材し、デザインの本質やその醍醐味を探ってみた。

谷尻 誠

デザインって、人を喜ばすことだと思う。

「デザイン」って言う言葉は身の周りに溢れているけれど、デザインって何なのかって言葉にするのは難しいなって思ってる人も多いんじゃないだろうか。建築デザイン、グラフィックデザイン、メイクアップデザイン・・・いろいろあるけれど、基本は同じ。簡単に言うと、何かと何かを結びつけたり、組み合せたりして新しいモノやコトを生みだすことだと思う。例えば、木や鉄、コンクリートなどの資材や素材を組み合せてできる建築物。スペースやコスト、建築主の要望、といったルールの中で、建物を生みだす行為が建築デザイン。進路に迷っているみなさんも無意識にデザインしているはずなんだ、人生について。これまでしてきたことや得意なこと、これからしたいことやしなければならないことを組み合せて進路を考える、それもデザイン。デザインを考える上で大事なことは、目標や目的を見失ってはダメ。ボクたち日頃やっている建築デザインの目的は、簡単に言えば人を喜ばすコト。いくら斬新で美しい住宅を作っても、そこに住む人が喜んでくれないと意味がない。それと同じで、自分の人生のデザインを考えるうえで大事なことは「未来の自分」という人が喜んでくれるために「今の自分」が何をすればよいか、どんな道を進めば良いか考えること。きっと自分の好きなことや楽しいことが、そのまま仕事になれば「未来の自分」は喜んでくれるんじゃないかな。

ボクにとっては、楽しい遊び。

「眼のシゴト」っていうブログを立ち上げています、仲間たちと。このサイトは日頃見かける何気ない街の風景を集めたもの。ただ、ちょっとオモシロイ。よく見れば「なんでこんなところにこんなモノが」とか、「よくこんなコトしてるな」っていう風景なんです。例えば雨どいの上に生えている雑草。なかなか見かけない光景だけど、よくよく考えると植物にとっては利にかなった生活スペース。その草が心地よさそうに、こちらを見下しているようにも見える。また、正面から見ると大きくて立派なビルがある。だけど、横から見るとすっごい薄っぺらい。。。ここで終わらないのが「眼のシゴト」チームのスゴいところ。
上空からの空撮を見ると・・・いかにその建物が見事に薄っぺらいか!建てる時に苦労したんだろうな、とか、このビルのオフィスはどんな風になってるんだろう?(デスクも細長い?)なんて思いを巡らせて。こんなことを遊びでやってるんだけど、これらこそ、まさにデザイン。その目的に適合していて、なおかつ見る人にも感動を与える。日頃何気なく見ているコトやモノが、視点を変えればこんなにも楽しめるって、ボクにはやめられない楽しい遊びなんだ。

いい恋をしようよ。

ウチの事務所には、有望な若手建築家がいっぱいいる。彼らに「恋愛をしなさい。」ってよく言います。デザインって好きな人を振り向かせる行為とかなり近いんです。いや、一緒と言ってもいい。ポイントは、わがままや一人よがりじゃダメ、ってこと。相手が何を考えているか、本当はどう思ってるのか、どうすれば笑ってくれるか。プレゼントを渡すにしても「どんなモノ」を「どんな包装紙」で「どんな飾り」をつけたら効果的かって。その人のことを好きな競走相手も周りにたくさんいるから、その人たちとは違う感動を与えなくちゃならない。一番笑ってくれたら勝ち。そんなことを考えるのがデザインだと思う。まじめにひたすら相手が喜ぶことを考えると、いいデザインができる。いい恋愛ができる。ちなみにボク?もちろん奥さん一筋にいい恋愛をしていますよ。(奥さんは穴吹デザイン専門学校で在校してた時の同級生。最良のパートナーだと思ってます。)

楽しい目的とうれしい責任

「最近の若い者は・・・。」とよくご高齢の方が言いますよね。ボクも最近思うことがある。それは目的意識とそれに向かう情熱が薄くなってること。「夢が見られない時代や世の中」ってよく言われますが、そんなに難しくまじめに考えなくていいんじゃないかって。目的って「遊びたい!」とか「楽しみたい!」ってことでいいんじゃないかなって思う。誰でもつらいよりは楽しい方がいいに決まってるでしょ。現にボクは学生時代、よく遊びました。遊びたいから勉強したり学校行ったりしてたのかも知れない。自分は本当は何がしたいんだろう、なんて難しく考えなくていい。気楽で楽しい目的を設定するとおのずと情熱を燃やせるんじゃないかな。そんなことを考えていると自然と要領も良くなるんですよ。
それと、責任感。ウチの事務所の話ですが、「係」制度を採用しています。スタッフ一人ひとりに自分の仕事以外に係を付けて責任を持ってもらっているんです。例えばコンペ係。常にコンペの情報を入手し、スタッフに知らせる係。新しい建築資材や最近の建築情報を集めている資材係、その他風紀委員もいますよ。「最近、事務所が乱れてる」なんて指摘する係もいるんです。責任って重苦しいイメージがあるかもしれませんが、責任を持つことによって周りを助け、喜ばれる、自分がチームの一員として役割を果たすことって本当はとてもうれしいことだと思ってくれているみたいです。デザインって一人でできる仕事じゃないから、チームで取り組む。それってとても楽しいことじゃないかって思います。

その人だからできるコトってあると思う。

デザインの勉強や仕事は幅も広いし、奥も深い。一見難しそうにも見える。しかし、誰でもできるし、いつでもできるのがデザインなんだ。そして、楽しめる、っていうのがボクの考え。いい大学を出て、有名な建築事務所で見習いをして、一人前、独立開業!そして「先生」って呼ばれる建築家になり、そのうち「偉い先生」になって、という道もあるんだろうけど。でもボクは全く違う道程を歩いて来た。だって他人と同じことしてもつまらないでしょ。建築デザインでもそうだけど、既成概念に縛られて「以前はこうだった、だからこうだ」って決めてしまうと、自分の可能性を封じ込めてしまうんじゃないかな。人は千差万別。その人にしかできないこと、ボクにしかできないことってたくさんある。そいういう意味ではボクの作った建築物っていうのは異質に見られたかもしれない。でもそれは、ボクなりの視点で、ボクのやり方で、ボクにしかできない建築物。だからこそオモシロイものが作れたし喜んでもらえたと思ってます。

自由な発想は自由な雰囲気から

建築事務所って割と、敷居が高くて入りづらい雰囲気ってあるんです。ボクはその入りづらいムードもあまり好きじゃない。自由な発想って自由な雰囲気じゃないと、生まれないんじゃないかな。たまに若い人や学生に来てもらって、手伝ってもらったりするんだけど、それも自由なムードにつながっている。ボクならではの考え方かも知れないけれど、建築ってそんなに堅苦しくなくて、いつでもどこでも誰でも楽しめるモノと思ってるから。そんなムードじゃないと、自由な発想やオリジナリティのあるモノの見方ってできないんじゃないかって、思うんです。ちなみに、事務所には愛犬「さくら」が居ます。さくらは事務所を和ますムードメーカー。スタッフは考えが煮詰まったりすると、さくらを連れて散歩に行って、リフレッシュしています。

「限界」って誰が決める?

「それムリ!」って、よく聞くけど。行き詰まったり、悩んだり、はたまた逃げたりする時の口上なのかなって思ったりする。「これムリッ!」とか「こりゃダメだ・・・」って決めてる時って、そのほとんどは、自分で決めてるんじゃないかな。自分で自分に自分なりのルールかぶせて「もう限界!」なんて言ってないだろうか。そして立ち止まったり、逃げ帰ったり。ボクは自分にルールをかぶせようとはしない。もっと自分でオモシロイことができるんじゃないか、その向こうにはもっとオモシロイことがあるんじゃないかって思う。大きい山が目の前にあるとする。登りもしないで「登れない」「こりゃキビシイな」なんて嘆いたり、ボヤいたりしてしまうと一歩も進むことができない。そういう時って多分、頭で考え過ぎているんだと思う。ボクなら、登れるかどうか、まず進んでみる。途中苦しくなったら、どうやったら楽に登れるかって考える。ひょっとすると他人に聞くかも知れない。近道はないかって探すかもしれない。どんなに険しいんだろう、って思ったとしたら、その険しさを楽しさに変えてしまうことが大事なんだ。その山の頂上にはきっと、幸せをいっぱいくれる素敵なことがたくさんあるかもって想像したり。そのために、情熱を持ってひたすら登っていくことはとても楽しいんだと思う。だから、ボクには始める前から「それムリ!」ってありえないんだ。

チャレンジしつづけるから、楽しいんだ。

こんなボクでも建築物が出来た時は必ずと言っていいほど、反省します。もう少し“ああしておけば良かった”“もっと良くなっていたはず”なんて。でも、後悔はしない。悔いが残らないよう常に、集中して情熱を持って取り組んでいるから。どの段階も手を抜かず、真面目に。そして一つの仕事が終わると、次の仕事はまた新しいことにチャレンジしていく。自分が傷付くことを恐れて、失敗を恐れて後ろばっかり振り返って、チャレンジせずに立ち止まっていることが一番ダメなことだと思う。現にボクは、既成概念にとらわれないこの業界の異端児として歩いて来た。しかし、誰よりもクライアントのことを真剣に考え、常に新たなルールで新たなモノを生みだしていくチャレンジャーだったという自負や誇りがある。もちろんこれからもチャレンジャーであり続けていたいと思っている。
ありきたりの言葉だけど「チャレンジし続ける人」であって欲しい。楽しいことやうれしいことばかりじゃないけど、新しいことにチャレンジすることによって、君たちの「これから」ってきっと、オモシロクなると信じている。いや、もっとオモシロクして行こう、自分の力で。今からデザインの道をを歩く君たちへ、一番伝えたいメッセージです。

左:大切なネタ帳/思いっきり忘れやすいので、思いついた時はスグに書き残せるように持ち歩いています。それは、建築に関わる内容に限ったものではありません。例えば、トイレットペーパーに木のイラストを印刷しておいて、使えば使う程その絵が枯れていく、っていうことを思いついたんです。3年くらい前のことですが。それがなんと、最近商品化の話になって来て。やっぱりヒラメキって、留めて置くことが大事なんですね。 右:愛犬のさくら

もっと谷尻誠さんのことが知りたい、と思ったら

谷尻 誠先生の 著書一覧はこちら


オープンキャンパス体験メニューへ